当院について
白内障日帰り手術

白内障 日帰り手術について

以前は白内障手術の術後は殆どの場合、入院をしていただきました。
しかし、近年の白内障手術の手法や手術器械、眼内レンズ、抗生物質などの進歩は著しく、眼内レンズも折りたたんで挿入することが可能になり、切開部位もとても小さくて済むようになりました。そのため手術時間も短縮され、通常の白内障手術は10分前後でできるようになりました。

手術後の抗生物質も、わざわざ点滴をしなくても目薬と飲み薬で充分効果がある薬も開発されました。手術による目の負担も軽減され、個人差はありますが手術翌日から良く見えるようになり、点滴の必要性もなくなったことで、他の重篤な合併症のない方は非日常的な入院生活を送っていただく必要がなくなり、住み慣れたお家で安静にお過ごしいただけるようになりました。

img_operation.jpg

手術の流れ

白内障の治療は、主に手術による治療となります。
麻酔は点眼麻酔のみで、痛みはほとんどなく、手術中は医師の声が聞こえ、会話もできますのでご安心下さい。

目の強角膜(黒目と白目の境界の部分)を小さく切開し、濁った水晶体を砕いて取り出し、代わりに人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入します。
眼内レンズは一度入れたら、特に問題がなければ一生そのまま大切に使っていただくことになります。

img_operation02.jpg

目薬にて麻酔を行います。多少しみる事はありますが痛みはありません。強角膜(黒目と白目の境界の部分)を約3mm切開します。

img_3arrow.gif
img_operation03.jpg

水晶体を包んでいる袋の前側(前嚢)を円形に切り取ります。

img_3arrow.gif
img_operation04.jpg

超音波を使って濁った水晶体の中身(核)を砕いて吸引し、周りの袋(嚢)だけを残します。

img_3arrow.gif
img_operation05.jpg

残した袋(嚢)の中に眼内レンズを折りたたんで挿入します。レンズは自然に広がって、水晶体嚢内に固定されます。

白内障とは
Copyright (C) 2012 WATANABE EYE CLINIC. All Rights Reserved.